So-net無料ブログ作成

シルクロードの旅(1)

中国赴任1周年目前の国慶節1週間休暇。日本には帰らず中国国内の旅へ。折角の長期休暇なので遠出しました。行き先は、ウルムチ・トルファン・敦煌です。
深センからウルムチまで5時間のフライトの後すぐ車で3時間かけてトルファンへ。これはその高速道路が通る中にある世界最大規模の風力発電施設。ものスゴイ数でした。スケールでかすぎ!
IMG_0329.jpg
最初に行ったのは、6世紀の麹氏高昌国(と言っても全然知りませんでしたが^_^;)の「交河故城」遺跡。建物がすべて土で出来ていたんですね。
IMG_0336.jpg
お次は博物館で見た「カレーズ」。と言われてもピンときませんが、イランの「カナート」と言われれば昔々世界地理で習ったような・・・。蒸発しないように水を引いてくる地下水路のことです。
IMG_0339.jpg
2日目「火焔山」。孫悟空が鉄扇公主と戦った場所だそうです。赤土の岩肌だけの山、正に火の山です。
IMG_0378.jpg
3日目敦煌「陽関」。朽ち果てた烽火台がひとつ残っているだけで周りは荒涼とした砂漠なのですが、それがひどく物悲しい気持ちにさせるのです。
IMG_0440.jpg
唐の詩人王維「西、陽関を出ずれば故人無からん」・・・。
IMG_0452.jpg
漢代に作られた万里の長城跡。北京から延びて西の果てはここまでつながっていたのです。
IMG_0493.jpg
こちらは有名な莫高窟の九層楼ですが残念ながら修復中で中も見られませんでした。しかし他の窟も見ごたえ十分。「砂漠の大画廊」と言われるそうですが仏像も見事でした。中は写真撮影禁止だったのが残念(>_<)
IMG_0554.jpg
『月の沙漠』鳴沙山。上まで登るのは大変でした。左側の尾根づたいの点々は人間ですよ!駱駝にも乗って見ました。(^^)v
IMG_0599.jpg
トルファン→敦煌の機中から。砂漠と土だけの山が延々続くのですが、緑は全くなくいきなり山頂には万年雪!
IMG_0625.jpg
そのうちに「食べ物編」もアップしたいと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。